2005年11月20日

DV−2007に応募するぞー!

永住権抽選プログラムに参加するためいろいろ調べてみた。
でもなんで永住権のことをグリーンカードって言うんだろ?

【抽選永住権プログラム(DV−2007)申請の注意事項】

  ○応募はインターネットでの受付のみ
米国のケンタッキー・コンシュラー・センターという所に申し込む。
顔写真もネットで送信する。サイズや画素数に決まりがある。

  ○応募は1人1回
複数エントリーは失格になる。
夫婦別々に応募した方が当選確率が2倍。

  ○当選者の配偶者と子は永住権がもらえる。
子供は未婚で21歳以下の場合。

  ○応募対象国で生まれた人
日本はOK。でも犯罪暦がある人はダメ。
身近な国で対象外は、韓国,中国,インド,フィリピン,カナダ,イギリスなど。

  ○高校卒業以上
えっ!高校中退じゃだめなの?
うそーマジデー。どうにかしてよー。
明日「裏口入学みたいなの無いですか?」って代行業者に聞いてみよ
フリーダイアルのとこ探しとかねば。

でも一番心配してた英語力は関係無いってどういうこっちゃ。

しかし代行業者が数多くあり手数料体系もそれぞれだから迷うなー。
次はどこの代行業者が良いかを徹底的に調査しよ。

初めてブログを作ってもうすぐ一週間たつがアクセス解析というのによるとたくさんの人に見て貰っているようですごく嬉しくなった。
だけど毎日リセットされてるようだったから昨日は頑張ってトップページの下にそれっぽいのと、記事ページにユニークビジター数というのが分かるカウンターまで設置した。

今週はブログにかかりっきりだったな。
posted by カリフォルニアん at 16:55| Comment(3) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

グリーンカードが欲しいー!

抽選でアメリカの永住権が当たるシステムの事をDV(Diversity Immigrant VISA Lottery Program)と言い多様化移民プログラムと訳し、永住権のことをグリーンカードと呼ぶそうだ。

で今応募が出来るのは2007年に移住できるDV−2007。
その抽選方法は入力ミス無く申請した応募者の中から無作為抽選。

毎年の当選者人数は10万人 うち日本人は400人くらい
当選者の多くはヨーロッパとアフリカの20〜39歳
当選確率はおおよそ100人に1人

『地獄の沙汰も金次第』と言うのに、アメリカの沙汰は運次第か。
しかし実際には当選後の手続きを渡米して行う必要があり、年間180日以上アメリカで生活してないと失効されるらしいから結構な金額が必要だ。

今回永住権のことに関する本を4,5冊見たけど、一番解りやすく必要なことだけ解説してくれて値段も安かったのはこの本でした。

今日は急に寒くなった気がする。頭が痛い。
季節の変わり目の度に風邪引くから嫌だ。
カリフォルニアの冬は暖かく夏は日本よりすごしやすいそうだ。
でも1日の気温変化は激しいのかな?
posted by カリフォルニアん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

☆★☆アメリカに住む9の方法★☆★

今読んでる本によると日本脱出の方法はいろいろあるようだ。

【アメリカ移住の手段】をまとめてみた。 
他にはないのかなぁ。

  ○観光ビザで入出国の繰り返し
一番簡単だけど旅行者の身分だから仕事に就けない。となると金が続かない。
リタイアメント査証がアメリカには無いから年金もらえる人ならコレ。

  ○留学する
日本人向け語学留学はべらぼうに高い。大手でも留学業者には要注意らしい。
ワーキングホリデーの制度はアメリカにないらしい。残念!

  ○海外ボランティア
コロラド州で農作業の手伝いをしたらテントと食事は提供してもらえる。
って家族を食わせれるわけないじゃん。
こちらも斡旋業者には要注意らしい。

  ○投資する
通常30万ドル(約3500万円)以上,最低10万ドル(約1200万円)以上の投資と
数人のアメリカ人を雇用する規模。
ウソの申請が増加中らしい。詳しく知りたい。

  ○アメリカで就職or起業
英語喋れなくても雇ってくれる会社あるかな。学歴も無いけど。
起業は現実的かも。経験あるし。

  ○日本の会社から駐在員として派遣される
気の遠ーくなる話だね。早く行きたいんだってば!

  ○アメリカ人と結婚する
法律が一夫多妻制にならないと無理じゃん。

  ○公募永住権制度
永住権抽選プログラム(DV)というのが有って誰でも出来る。
知らんかった!コレはすぐにチャレンジしよう。

  ○オーバーステイ
不法滞在とも言う。実際は多いみたいだけど強行突破だね。最悪これしかないか?
だいぶ前にみた本に初めは違法でも正規の移民になれる方法があるって書いてあった。ハズ
もう一度調べよ。

「ブログって頭の整理にもなるんだ」って思った。

こちらはアメリカ地域情報のサイト集
posted by カリフォルニアん at 12:01| Comment(2) | TrackBack(2) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。