2005年12月26日

年末年始の海外旅行【人気渡航先ランキング】

今日の笑っていいともでやっていたんだけど、年末年始に海外旅行へ行く人のランキング。

1位 グアム
2位 ハワイ
3位 ソウル
4位 バンコク
5位 香港
6位 台北
7位 マニラ
8位 サイパン
9位 上海
10位 ニューヨーク

1位のグアムは飛行距離がハワイより短いのに金額が高かった。
にもかかわらず1位。

カリフォルニアんだったらこの時期はニュージーランドかアフリカに行ってみたい。

ランキングを見て1つ気づいた。
U.S.A.と東アジアだけしか入ってない。

このブログで『もし海外移住するならどこ?』という投票をしてもらっている途中結果では、オーストラリア・ニュージーランドのオセアニア地域が移住先としては1番人気があったんだけど。

投票はいつでもこちらのページでできますよ。

こちらにも投票お願いします。

旅行好きにの方にはたまらない画期的な会員制旅行会社を紹介します。
トクー!トラベルです。

TBSの『はなまるマーケット』やテレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』など多数のメディアで紹介されているのでご存知の方も多いと思います。
ホテル・レジャー施設・エアー・レンタカーなど格安のレベルを超えています!
宿が1泊109円〜とかレンタカーが581円〜なんてかんじです。
posted by カリフォルニアん at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

【投票箱】もし海外移住するならどこ?

もし外国に移住できるとしたらどこの国に住みたいですか?

投票ボタン上の一言欄は自由に記入できます。
もちろん記入しなくてもO.Kです。

あてはまる場所がない場合や特定の住みたい場所などがある方は、5つの中で近い地域を選択して一言に都市名など記入してください。

一回投票したら6時間投票できないようになっております。
質問 もし海外移住するならどこ?

ヨーロッパ(フランス,ドイツ他)
 
北米(アメリカ本土,カナダ)
 
南の島(ハワイやカリブ海)
 
東南アジア(タイ,インドネシア他)
 
オーストラリア,ニュージーランド

一言


お気軽に投票下さい。

もう1つのブログには「あなたの人生で一番大切なのは?」という題の投票箱を設置しましたのでそちらもよろしければお願いします。

毎度ながらこちらへも一票お願いします。
posted by カリフォルニアん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

My bookmark!

移住してアメリカで働くつもりの私のためにあるような題名の本を見つけた。

今日からそのカリフォルニアで働くという本を読んでいる。

早速役に立ちそうな情報があったので備忘録代わりに貼り付けておこう。

非営利団体JINA アメリカ生活情報掲示板 

非営利団体グローバルJネットワーク 会員制の交流団体

ライトハウス アメリカ生活情報誌

スペースアルク 語学教育出版社

チャレンジUSA アメリカ就職・生活応援サイト

アメリカ何でも情報局 米国留学、旅行、仕事、生活情報

アメリカに暮らす メーリングリスト 

う〜ん移住生活がみえてきた!?

参考になる他のブログはこちらからどうぞ。
posted by カリフォルニアん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

アメリカにビッグな日本人発見!

今日とにかくどこかの会社にもぐり込むための77のヒントという20歳で渡米して5年でアメリカンドリームをつかんだ男が書いた本を読んだ。

彼は自身のことをストリートスマートと言い、高校時代までぐれていて成績も悪かったようだけど頭がきれて行動力があったようだ。
金もコネもなかったのにドラマでしか見ないような熱いハートと大きな器も持っている。

勤めるならこういうビッグな男のもとで働きたいもんだと思った。
彼はカリフォルニアに事業所を持ってないかな?
posted by カリフォルニアん at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

アメリカ永住権の当選発表が待ち遠しい

DV2007の申請が終わって一週間しかたたないけど待ち遠しい。
当選発表まで半年間も何すればいいんだ?って今日は腐れてた。

でも今こうやって書きながら考えてみると重要なことを思い出した。
当選してもカリフォルニアに行ってから具体的に何をするか決まってない。
逆を言うとどんな準備が必要かも分からない。

そう考えると半年くらいの時間があった方が良いのかもしれない。
今の時点で想像がつく問題点をあげてみよう。
・英会話が出来ない。
・知り合いがいない。
・住む所はどうするか。
・(持って行けない家財道具は処分するとして)荷物は何を持っていくか。
・子どもの幼稚園はどうするか。

こうやって考えてみると独身じゃないんだし、いかんな〜と思う。
それからこんなふうに自分のことを考え直す機会ができたのはブログを始めたおかげだと思う。
感謝。感謝。
posted by カリフォルニアん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

アメリカ版ワラ人形で当選!?

アメリカ永住権(グリーンカード)がどうしても欲しい!
理由(理由は11/15の記事)は単純なものだけど、カリフォルニアに住みたい。

とりあえず今の段階でわかってる方法はDVという抽選に参加するか、寿司職人になること。
まぁ寿司職人は長い道のりになるから置いといて、抽選に申し込みはしたものの人生を決める一大事がくじ運だよりってのは?
懸賞みたいにいっぱい葉書を出して当選確率を上げようとすると失格になってしまう。

「あ〜どうすりゃいいんだー!ワラにもすがりたい気持ちってこういうことかー」と言っていたら、嫁さんが「そういえばワラって言ったら良いのがあるやん」

「ボージョボー!!!」
なんそれって聞いたら、TVで願いが叶うって紹介されてから入手困難になった人形だそうだ。

さっそく調べたら、『サイパンの先住民チョモロ族が作る人形で男女がペアとなったカップル人形で、手にした人の願いを叶える福人形』とある。
ザ・世界仰天ニュースという番組で今年の夏に紹介されて、お店では置いてもすぐ無くなるみたいだし偽物が出回ってる程の人気で、本物も前より値段が何倍かに跳ね上がっみたいだ。

でもインターネットで本物を売ってる所を見つけた。
まっしょせん願懸けなんだけど、本当にワラにもすがる思いだったからすぐ注文した。

年末ジャンボも買ったからもう1つ買わないとダメだったかな?
興味ある方はこちらで買えますよ。
posted by カリフォルニアん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

米国国務省から申請完了通知が届いた!

今日は抽選グリーンカードの申請手続き完了通知が届いた!
といってもなんか喜べない。(まぁ本当に喜ぶのは当選してからなんだけど)

なぜ喜べないかと言うと、その通知は代行業者からのメールに添付されているだけの電子書籍。
ん〜実感がわかない。

だけど「電化製品は持って行けないだろうから全部買い直しかな」とか「米ドルは今のうちに買っとくか」と考える、年末ジャンボの宝くじでも買ったような気分の日でした。
結果がわかるのは半年後の来年5月頃らしい。

それからこのブログのスタイルシートを替えてみました。
おかげで色々してたら日付が変わってしまうところだった。
今のところちゃんと毎日更新してるのに。
あぶないあぶない。
posted by カリフォルニアん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

米国抽選永住権(グリーンカード)申請の流れ

昨日の続きで今日は【DVプログラム応募の流れ】

まず何故か知らないけど会員登録が必要だったので登録した。
届いたメールのパスワードでログインして早速申し込み画面。

自分や家族の名前と住所をローマ字入力するんだけど記入の仕方にちょっと戸惑った。
・「し」はsiよりshiとした方が良いのか。
・県市区などの区切りはスペース入れて頭を大文字にしとくか。
・順番が逆なんだけど1丁目2-3を3-2-1と入れたら、実際にそんな住所もありそうだけど郵便とか届くかな。

って感じで気になったけどまぁ問題あったら連絡あるだろうと考えて送信。
数時間したら「HukuokaはFukuokaのことですか」と返事が来たけど他は問題なかったようだ。

次に写真をメールに添付して送るんだけど要件に
フォーマット種別 JPG形式のみ
写真の大きさ 横240ピクセル x 縦320ピクセル
スキャンする場合は5cm x 5cm(2inch x 2inch)の写真を使用して、1inch当り150ドット300ピクセル四方に加工
ファイルサイズ 62,500バイト以下
とか説明がある。
理解不能なんでとりあえず家族で撮りあいっこして送ることにした。

結果的に、そういう難しい要件にはパスしたようで
「顔の部分が写真全体の50%以上を占めている必要があり肩を入れると顔が小さくなるので、首から上だけを撮るようにしてください。背景は白でお願いします。」
と返信が来たので思いっきりどアップを撮って送りなおしたら、
今度は「頭が少し切れてます」って感じでメールのやり取りをしてやっと完了。

あとは当たってくれー!と祈るだけか。

当選するように念を込めてブログランキングへ応援のクリックを下さい。
posted by カリフォルニアん at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

よーしDV2007に申請だ。グリーンカード当選してくれ!

この数日インターネットや本でDV-2007(永住権抽選プログラム)の申請について調べた。

前回の記事に足りなかった大事な知識としては、当選したらアメリカに仕事がなくても180日以上住む必要があってその費用と準備などで300万円くらいかかりそうだという事。

しかしそれは殆んどが、夢のカリフォルニアで生活する費用だから関係ないけど。
それに今時インターネットが繋がればどこに住んでても資産運用でお金をつくれるしね。

って事で遂に応募したのだー!

その手続きは英語が読めない私にはちょっとだけ難しいけど出来ないことはない。
だけど申請代行業者に手数料を払うことにした。

しかし気を付けないと申請したフリをする業者とかバックレ業者などがいるそうだ。

それでも頼むことにした理由は、当選した後の手続きが業者に頼んだ方が良さそうなこと。
だから数多くある業者(20社近く検討した)を絞り込む基準として当選後のサービス料金込みのJINKEN.COMというサンフランシスコに在るらしい業者にした。

その当選後のサービス料金が業者に頼むと一般的に10万円以上とられるけど、当選するか分からない申請時から申し込んでおくと30ドルの追加料金で済む。
たぶんその仕組みは宝くじの発想だと勝手に解釈した。
どういうことかというと、1人から4000円弱の追加料金しか貰わなくても当選確率は約1%だから当選した一人の影に支払い損の99人がいて業者としては逆に儲かるって感じ。

明日は実際に体験した応募の流れについて書きましょうかね。

米国移住の夢が叶うように1日1クリック下さいませんか?
posted by カリフォルニアん at 19:34| Comment(14) | TrackBack(1) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

勝ち組アメリカ,中国,インドにあって負け組みロシア,日本,韓国にないこと

以前の記事【なんで外国に行きたいのか】になんか足りない気がすると書いた。

その後ちょっと思い出したこと【なんで外国のことを良いと思うようになったか】について書こうと思います。

もともとは愛国心が強く、どっちかと言うと日本人以外は嫌いだった。
それが変わり始めたキッカケは16歳の頃、自分の将来像に学歴は必要ないと考えて高校を中退しようとしたときに、世間体とかを強く親戚に言われて人を見る目が変わりだした。
でもそれが国民性だと思ったときにじゃあ外人は?って

その後なにかで見たオーストラリアの雄大な自然と空にあこがれた。
でも16歳で自立していた私は頼れるスポンサーも見つからず、ワーキングホリデーの年齢条件にも達してなく諦めてしまった。

それから最近感じたのは、最近の経済的な
勝ち組国アメリカ・中国・インドのにはあって
負け組み国ロシア・日本・韓国にないこと。

人口が増えていることもあるけど、英語を使っていること。
ようはグローバルスタンダードとやらを創った、もしくは対応した国。

だから映画の世界でもフランス・日本の映画よりハリウッド・香港の映画が主流で、
IT機器やプログラムの世界も日本・韓国よりアメリカ・インドが有利で、他にもいろいろと有利なんじゃないかと。

なら有利な国に自分自身が飛び込んでその恩恵を受ければ良い。
やっぱり単純なだけかも。

今日はトラブルで今迄4時間(たぶん過去最長記録)も電話をしていた。
脳が最高に疲れた状態で書いたから支離滅裂かも。
posted by カリフォルニアん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。