2006年05月03日

東京タワー【リリー・フランキー】

にほんブログ村 本ブログへ

photo
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー 扶桑社 2005-06-28
フジテレビドラマ化決定!
全国の書店員がいちばん売りたい本を選んだ『2006年本屋大賞』受賞作品。
今までに出会った数百冊の本のなかで、こんなに心を揺さぶられる本には出会ったことがない。


my point!
・自分が恥を書くのはいいが、他人に恥を書かせてはいけないという躾。

・東京でも田舎町でも一緒よ。結局は誰と一緒におるのか、それが大切なことやけん。

・命を懸けて子育てをし親孝行することと、何でも笑いにして楽しく笑顔で生きることの大切さ。
評価

2006年本屋大賞順位&過去の大賞受賞作

posted by カリフォルニアん at 02:26 | ロサンゼルス 🌁 | Comment(2) | TrackBack(4) | My本棚


この記事へのコメント
お久しぶりです!やっとネットが開通しました。またブログ再開するんでよければ来てくださいね。
Posted by kano at 2006年05月03日 09:22
Kanoさん、お久しぶりです。
引っ越しするとネットがしばらく使えないのは不便ですね。
今からお邪魔します。
Posted by カリフォルニアん at 2006年05月05日 10:05
お気軽にコメント下さい わーい(嬉しい顔) メルアドは必要ないですョ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: 悪いが大絶賛。まあ、泣いとけ。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2006-05-06 21:10

真理の探究者 リリー・フランキーさん
Excerpt: アーティストには欠かせない調舒星が2つもありますね。
Weblog: 運命学コーチングによる天職発見法を伝授!
Tracked: 2006-05-10 11:22

東京タワー(同世代ノートとして)
Excerpt: 子を思い続ける母親の切なさや勝手気ままに振る舞う存在感の希薄な父親、そして悶々とした現実から遊離し続ける青年時代から大人の私へ。 あまりにも私小説的なテーマだが、同世代が感じるものとしては親子の..
Weblog: iFinder 雑読乱文
Tracked: 2006-05-29 01:28

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン<リリー・フランキー>−(本:2006年85冊目)−
Excerpt: 扶桑社 (2005/6/28) ASIN: 4594049664 評価:93点 (ネタバレあります) たまらんね。 どこでもかしこでも絶賛の嵐だが、そりゃこれだけ愛情に溢れた本を読ま..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-09-06 22:59
人気ブログ検索 - ブログフリーク  サンキュー!  愛の1票を与える  ランキングに協力する
4つのランキングに参加してます。CLICKして頂くとカリフォルニアんの順位が上がります。
別窓でランキングサイトが開きますのでお手数ですが閉じてください。応援お願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。