2006年02月13日

アメリカの病院

先日体調が悪かったので調べてみたら、アメリカではウォークインクリニックと呼ばれる病院以外にはいきなり行っても見てもらえないそうだ。
ほとんどの病院が完全予約制で、電話をしても病状によってはその日に診てもらえないから緊急をアピールする必要があるという。
救急車
しかも診察は病院じゃなくて近くの事務所で受け、検査が必要な場合などは病院に行ってもう一度診察を受ける。
で、注射が必要な場合は保健所へ出向き、薬は処方箋を持ってドラッグストアまで買いに行くそうだ。

アメリカは合理的といわれているのに?
医療費もべらぼうに高いし、アメリカは病人に厳しい国のようだ。

他のアメリカ生情報はアメリカ在住者の人気ブログから。
posted by カリフォルニアん at 19:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | USA・カリフォルニア永住関連情報


この記事へのコメント
そうなんですよ。事務所ではなく、ホームドクターと言って、いつも決まった先生の所で診て貰い、専門でないと、となるとそこから専門の先生を紹介されるのです。風邪程度の症状であればホームドクターで済みます。私はカナダに住んでおりますが、一番お金がかかっているのは、歯医者です。
Posted by エイミー at 2006年02月13日 23:41
ホームドクターって、たぶん家に来てくれるわけじゃないんですよね。
外国で病気になったらお金はかかるし手間はかかるし大変ですね。
Posted by カリフォルニアん at 2006年02月14日 22:27
近所の、ホームドクターですね(笑)。ただ、私の住んでいるオンタリオ州の場合、病院全般無料です。働いていれば、大抵保険制度に入っているので薬も無料です。
歯医者だけは50%負担なので何かあるとお金がかかるのです。それでも、年2回の歯のクリーニングは保険でカバーされております。
Posted by エイミー at 2006年02月14日 22:38
病院も薬も無料ってすごいですね。
病気しないと損?なわけないですね。
Posted by カリフォルニアん at 2006年02月15日 20:56
ちょっと、待ってください!

病気しないと損なんてことないですよ。
州によっても違うと思いますし
会社が利用する保険のプランによって
全く違うので歯医者や薬もカバーせず
全額自己負担なんていうのもあります。

ちなみにうちはオフィスにいくたびに
必ず支払いがありますし
薬も支払っています。

そしてカバーする範囲も保険会社によって
また病気によって違いますし
カバーできる限度額も全く違います。
特に重病や手術なんていうことになって
かなり高額になると保険会社がカバーせず
結局自己破産するアメリカ人もいます。
(去年のニュースでみました。)

毎年保険料はどんどん上がっているので

優良な会社なら全部負担してもらえると思いますが

そうでなければその分給料が減らされるか
もっと安い自己負担分が多くなる保険会社に切り替えられたりすることもあります
会社もこの不景気そうしないと
やっていられないのです。

ちなみに知人でも
働いている本人だけが保険カバーされて
家族は入れないなんて話も聞いたことがあります。

ご家族で渡米されるということであれば
働き口を見つけるときは十分チェック
されることをおすすめします。



Posted by ks at 2006年02月19日 06:01
「病気しないと損?」はカナダに住まれているエイミーさんのコメントに対してです。
ちなみに私自身の健康保険に対する考え方は2/16の記事で触れています。
Posted by カリフォルニアん at 2006年02月19日 18:27
お気軽にコメント下さい わーい(嬉しい顔) メルアドは必要ないですョ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13240308
当ブログではアダルトサイトなど記事と関係ないトラックバックは拒否しております。
人気ブログ検索 - ブログフリーク  サンキュー!  愛の1票を与える  ランキングに協力する
4つのランキングに参加してます。CLICKして頂くとカリフォルニアんの順位が上がります。
別窓でランキングサイトが開きますのでお手数ですが閉じてください。応援お願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。