2005年11月21日

毎日欠かさずラジオ英会話。必要な能力は英語耳?

6月からラジオ英会話の『基礎英語1』を始めてもう半年たつ。
少しは英語力アップしたかな?
でも基礎英語1は中学1年レベル。

「海外生活すればいずれ英会話も出来るようになるやろ。」と簡単に考えてた。
けど実際向こうに行っても英語力ゼロのままじゃ友達も出来ないなと思って、昨日は行きつけの本屋さんで英会話上達のお勧め本を聞いた。

英会話学校に通う間違いが書いてある本があるよと言われてそれを読んでみた。
まだ途中だけどこの著者はスタンフォード大の経済学客員教授だそうで、英語のユーザーという観点で書いていて実用的な英語の勉強方法がとても面白い。

喋ることより聞ける能力が重要で、質問が出来ても答えを聞き取れなければ会話が成立しない。
早いのが問題じゃなくて単語が連続したり子音が発音されないことが難しく感じる原因だとかハッとさせられることが多い。

【その本で知った豆知識】
・一分間に喋れる限界30秒で122語の語数をジュリア・ロバーツが映画エリン・ブロコビッチで披露しているからこれでリスニングの練習にもなる。

・流行ってるらしいけど英語の周波数に耳を慣らすためにもモーツァルトの音楽は良いらしい。

・実際の発音どおり示している辞書が1つしかない。
posted by カリフォルニアん at 17:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 英会話上達への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。